歴史・言語方面の話題をどうぞ
歴史・言語談話室
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル Re: 都塚古墳
投稿日: 2014/08/16(Sat) 08:03
投稿者大三元

該当原文:雄略紀

八年春二月、遣身狭村主青・檜隈民使博徳使於呉国。自天皇即位、至于是歳、新羅国背誕、苞苴不入、於今八年。而大懼中国之心、脩好於高麗。由是、高麗王、遣精兵一百人守新羅。有頃、高麗軍士一人、取仮帰国。時以新羅人為典馬。(典馬、此云于麻柯比。)而顧謂之曰、汝国為吾国所破非久矣。(一本云、汝国果成吾土非久矣。)其典馬聞之、陽患其腹、退而在後。遂逃入国、説其所語。於是、新羅王乃知高麗偽守、遣使馳告国人曰、人殺家内所養【鶏之雄者】。国人知意、尽殺国内所有【高麗人】。惟有遺高麗一人、乗間得脱、逃入其国、皆具為説之。高麗王即発軍兵、屯聚筑足流城


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー