歴史・言語方面の話題をどうぞ
歴史・言語談話室
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル Re: 万葉集#3553
投稿日: 2017/11/25(Sat) 14:23
投稿者大三元

許弖(こて):凝りて と解くもう一つの傍証として:

『東国方言の歴史を考える』
金田一 春彦

〔注4〕
(前略)
『平家物語』の「宮の最期」という章の源三位頼政が自
害する条では、「ウツ伏シザマニ貫力レテ」とあるべきとこ
ろを岩波大系本などに「ウツプサマニツラヌカテ」と書い
ている。「ツラヌカテ」は、平曲では「ツラヌカッテ」と唱
える。ここは当時の東国方言をとり入れて効果をあげよう
としたものではないか。「ウツプサマ」もほんとうは「ウ
ツプッサマ」(あるいは「ウツプッツァマ」?)という、
当時の東国方言流に唱えるはずのところかもしれない。

http://db3.ninjal.ac.jp/SJL/getpdf.php?number=0690400500cs


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー