歴史・言語方面の話題をどうぞ
歴史・言語談話室
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル Re: 「にほ」を考える
投稿日: 2011/08/21(Sun) 10:38
投稿者大三元

「にほ」の用例:

丹後風土記残欠:
【爾保崎と名付ける所以は、昔、日子坐王、勅を奉じて土蜘蛛を逐いはらう時に、持っていた裸の剣が塩水に触れて錆びた。そこへ、ニホ(鳥)が並び飛んで来て、その剣に貫き通されて死んだ。これにより、錆が消えてもとに戻った。それで、その地を爾保と云う。以下五行虫食い】
http://www.dai3gen.net/tango.htm
「ニホ」は次のような漢字で表されている:
<img src="http://www.mojikyo.gr.jp/gif/047/047387.gif">
<img src="http://www.mojikyo.gr.jp/gif/047/047219.gif">

播磨国風土記逸文:爾保都比売神

万葉集:(「にほふ」の活用形を除く=「にほどり」のみ抽出)

03/0443C/33 つつじはな 茵花
03/0443C/34 にほへるきみが 香君之
03/0443C/35 にほとりの 牛留鳥
03/0443C/36 なづさひこむと 名津匝來与

04/0725/1 にほどりの 二寶鳥乃
04/0725/2 かづくいけみづ 潜池水

05/0794C/25 にほどりの 尓保鳥能
05/0794C/26 ふたりならびゐ 布多利那良●為
05/0794C/27 かたらひし 加多良比斯

11/2492/1 おもひにし 念
11/2492/2 あまりにしかば 餘者
11/2492/3 にほどりの 丹穂鳥
11/2492/4 なづさひこしを 足沾來
11/2492/5 ひとみけむかも 人見鴨

12/2947V3/3 にほどりの 尓保鳥之
12/2947V3/4 なづさひこしを 奈津柴比來乎
12/2947V3/5 ひとみけむかも 人見鴨

14/3386/1 にほどりの 尓保杼里能
14/3386/2 かづしかわせを 可豆思加和世乎
14/3386/3 にへすとも 尓倍須登毛
14/3386/4 そのかなしきを 曽能可奈之伎乎
14/3386/5 とにたてめやも 刀尓多弖米也母

15/3627C/41 にほどりの 柔保等里能
15/3627C/42 なづさひゆけば 奈豆左比由氣婆

18/4106C/45 にほどりの 尓保騰里能
18/4106C/46 ふたりならびゐ 布多理雙坐
18/4106C/47 なごのうみの 那呉能宇美能
18/4106C/48 おきをふかめて 於支乎布可米天
18/4106C/49 さどはせる 左度波世流

20/4458/1 にほどりの 尓保杼里乃
20/4458/2 おきながかはは 於吉奈我河波半
20/4458/3 たえぬとも 多延奴等母
20/4458/4 きみにかたらむ 伎美尓可多良武
20/4458/5 ことつきめやも 己等都奇米也母


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー